久々の更新

少し更新をサボってしまいました
まずは先々週のセレブレイトソングから・・・
1番人気に推されるも5着でした
この日は昼から中京競馬場に訪れ現地観戦

cs0312-1.jpg
タマを取られてからだいぶ月日が経過してますし
馬齢も重ね、気性面の成長してきたのか?
この日のパドックではいつになく大人しかったです・・・最初のうちはね
パドックでの周回を重ねるうちに煩さを見せ始め
とまれーの号令で驚いたのか、暴れてしまい・・

cs0312-2.jpg
cs0312-3.jpg
厩務員さんがなんとか抑えてるうちに、ササッと騎乗する藤懸騎手
普段から調教にも乗ってるせいか慣れてますw
しかし騎乗後も暴れて厩務員さん3人体制に
こんな状態なので騎手騎乗でのパドック周回はパスして
さっさと馬場入りに行ってしまいました
私はまごまごしてるうちに写真を撮れず(´・ω・`)

cs0312-4.jpg
真っ先に本馬場入場・・・そして賑やかなスタンド前から逃げるように
速攻でゲートの方に向かっていったセレブレイトソング
ここでもあまりに早い行動のため、カメラを構えた時にはもうあんな所に行ってましたw

cs0312-5.jpg
5着でゴールインする図
スタートも出負け気味でしたし藤懸騎手の仕掛けも他馬が動いてから行ったせいで
若干砂を被り、嫌気が差したのか反応が鈍かったです
それでもこのクラスでは自力が上なので5着までは追い上げましたが
勝った馬以外は前々で楽をしてたせいかなかなか止まりませんでした

先週は出走馬無し、そして今週は3頭出しです

土曜中山7R 4歳上500万下 ダート1800m・牝馬限定 マイティーハニー 吉田豊
日曜中京1R 3歳未勝利戦 ダート1800m・牝馬限定 マルムーティエ 内田
日曜中京8R 4歳上500万下 ダート1800m セレブレイトソング 藤懸

マイティーハニーは熱発の恐れもあったのですが
厩舎の尽力によりなんとか出走できそうですね
レースが始まるまで油断は出来ませんが
このクラスでは上位の力を持っているのであっさり勝利もありそう

マルムーティエは阪神出走予定も中京と両睨みし
中京の方が面子が軽いと見て中京へ出走決定
そして鞍上には今年は好調な関東の内田騎手を迎えました
これだけテコ入れして、結果が出なければ少しへこみますね(笑)

セレブレイトソングは前走と同条件
前走のような騎乗が続くようなら騎乗機会が奪われるよ藤懸くん(笑)

今週は運が良ければ全部勝っちゃう?
まぁ競馬はそんなに簡単ではありませんが期待はしています






スポンサーサイト

エンプレス杯応援観戦

3/1はエンプレス杯に出走したブランシェクールを現地で応援するため
川崎競馬場に遠征してきました
川崎競馬場に訪れるのは数年前のスパーキングサマーカップ以来です
その時よりも施設の一部がリニューアルされててキレイになったなぁ…と思いました


CIMG0703.jpg
パドックのモニターも綺麗で見やすいです
一部のJRA競馬場も見習ってほしいですね 特に中京とか、チュウキョウとか、ちゅうきょうとかね…(笑)

CIMG0707.jpg

出走馬の中では最重量の512kg 前走よりも+6kgですが太目には見えませんでした
O坪さん風に言えば、まるでオトコ馬のような…って感じの馬体でしたw
馬体は牡馬勝りでもたてがみの編み込みや
尻尾につけてるリボンを見てると可愛くてやっぱり牝馬なんですねw

CIMG0717.jpg
鞍上は前走に引き続き北村宏騎手
私の出資馬では最も勝っている騎手で3勝してます

CIMG0718.jpg
出走30分前よりはオッズが落ちてきました
馬体重増で嫌われたというよりも他馬の人気が増した感じでした
まぁ前売りの段階ではキャロットの会員がたくさん買ってますしw

CIMG0719.jpg
高柳厩舎3頭出しの中では最も人気していたタマモブリュネット
鞍上のルメール神のせいで人気したのかな?

CIMG0711.jpg
昨年のエンプレス杯2着でこのレースが引退レースとなるヴィータアレグリア
この馬も高柳厩舎でブランシェクールと同じくキャロット馬です
調教は軽めだったせいで人気を落としてましたがレースでは3着
やはり昨年2着の実績は伊達ではなかったですね

CIMG0721.jpg
高知の赤い彗星の異名を持つ永森騎手
勝負服はもちろん、メンコも赤
どうせなら3枠で赤帽だったら良かったのになぁw

CIMG0725.jpg
圧倒的1番人気で人気に応えて優勝しちゃうワンミリオンス
ロスヴァイセを管理してた小崎厩舎の馬で
鞍上は最近よくキャロットの馬に乗ってる戸崎騎手

CIMG0727.jpg
馬主はブルーハーツ好き? リンダリンダです
地方馬再先着の2着、ダート牝馬路線なら中央勢に引けは取りませんね
金沢競馬所属も南関東でもよく騎乗してる吉原寛人騎手

CIMG0728.jpg
今年ここまでは好調な田辺騎手はタイニーダンサーに騎乗
バウンスシャッセ騎乗時ではいい仕事をしてくれました

CIMG0732.jpg
本馬場入場し、返し馬のブランシェクール

CIMG0747.jpg

出遅れが響いて7着と惜敗(´・ω・`)
出遅れが無くても勝ち切るまでは行かなかったでしょうね
掲示板圏内ならあったかなぁ・・・
CIMG0765.jpg
レースから戻ってくる最中のブランシェクール、お疲れ様でした
この敗戦を糧にして出直し、力を付けてまた交流重賞に挑んで欲しいです

今週は弥生賞とチューリップ勝がありクラシックのトライアルレースです
出資馬が出走してると盛り上がるのですがねぇ
今週はトライアルレースじゃなく日曜朝イチのレースに愛馬が出走します(´・ω・`)

日曜阪神1R 3歳未勝利戦 ダート1400m・牝馬限定 マルムーティエ 松山

明らかに調教不足の前走とは違い調教時計も出し
ダート変わりで結果を出して欲しいマルムーティエ
あまり大きな期待は出来ませんがなんとか掲示板キープして
次走に繋げてほしいところではありますが・・・












クルークハイトは姉似?

先週の日曜は京都記念とクルークハイトの観戦に淀へ

CIMG0595.jpg
叩き2走目で-2kgの446kg 半姉のロスヴァイセも3歳のこの時期はこれぐらいの体重で出走してました
ただロスヴァイセはこの時期までは芝ばかりで使われてました
クルークハイトはデビューからずっとダート
ダート馬ならもう少し馬体重欲しいところではありますが
ロスヴァイセもこれぐらいの馬体重で未勝利戦を勝っているので気にしなくてもいいのかな
ただクルークハイトは半姉ほどの末脚のキレが無くジリっぽいですね(笑)

クルークハイト&ロスヴァイセ比較
こうして比較すると毛色は違いますが姉妹だけになんとなく顔は似てますね
特に目の辺りが似ていると思います
最新の更新で馬名が決定したノヴェリスト産駒の半弟ヴァイザーも目の辺りはこの姉妹にそっくりでした

CIMG0594.jpg
芦毛は毛艶がわかりにくいですが私の目ではよく見えました

CIMG0596.jpg
とまれーの号令がかかり、騎手の登場を待ちます

CIMG0597.jpg
これまで藤岡康騎手がずっと騎乗してましたが
今回はコータが小倉遠征の為、川田騎手のバトンタッチ
騎手の力量差からテコ入れと言っていいでしょう
ユーガとよく似た勝負服を着ているのは調教師試験を合格し
調教師転向の為、騎手引退へカウントダウン中のコーシロー
こうしてみるとコーシローは騎手の中では長身というのがよくわかります

CIMG0600.jpg
ユーガが跨がり、クルークハイトも気合が入ります

CIMG0601.jpg
瞑想モードに入るユーガ

CIMG0603.jpg
本馬場入りするクルークハイトの手前にはこのレースを勝ってしまうヤマニンアンプリメと小牧騎手
小牧騎手というとクルークハイトの新馬戦の時もフォーカードに騎乗してハナ差勝ち…
クルークハイトの天敵ですねぇ・・・ぐぬぬ

コンデジの充電をしっかりしてなかったためバッテリー切れでレース中の写真は撮れず(´;ω;`)
レースは4着、もう少し一列前で競馬が出来てればなぁ…
しかし懸念していた通り、右回りの競馬場は左回りよりも走りませんねぇ
パトロールフィルムを見た辺り、右回りだと反応が鈍いように思えます
さて次走は中京だと思いますが短期放牧を挟むのかそれでも在厩するのか
調子維持が出来るのなら在厩でしょうねぇ







クルークハイトデビュー

私が出資している2歳馬ではクルークハイトが一番早くデビュー
ちょうど今週のシフトも土日が休みだったので中京競馬場に観戦してきました
いつもは電車で行くんですが天候が悪いこともあり久々にマイカーで行ってみました
車で中京競馬場へ行く時は高速道路は使わず下道で行くことが多いのですが
今回はちょっと下道が渋滞してたこともあり高速道路で
名二環が伊勢湾岸道と繋がってから利用したことも無かったし
有松ICで降りてみたかったですし…
みえ川越ICまでのR23は土曜の割に渋滞してましたが
さすがに高速へ乗ると快適でしたw
朝一からじゃなく途中から競馬場へ行くのも久々だったような…
到着した時間は4Rのパドック周回が終わる頃で
クルークハイトが出走する6Rには余裕で間に合いました

CIMG5880.jpg
馬体重は444kg 半姉ロスヴァイセのデビュー戦よりは体重ありますね
しかしダート路線を歩んでいくのであればもう少し増えるといいなぁ

CIMG5887.jpg
カメラ目線をくれたクルークハイトさん
募集馬ツアーの頃よりも可愛くなった感じがします(笑)

CIMG5891.jpg
やっぱりカメラ目線
CIMG5900.jpg
どうもこの角度で撮るとカメラ目線になるようで(笑)

CIMG5903.jpg
CIMG5904.jpg
CIMG5906.jpg
こうして見ると馬体重444kgよりも大きく見せる馬体
すっきりしてて仕上がってる体に見えましたね
これなら芝でも走れそうです

CIMG5908.jpg
CIMG5910.jpg
CIMG5911.jpg
藤岡師が馬具と馬をチェックしに来ました
今年は厩舎の勢いもありその流れにクルークハイトも乗って欲しい

CIMG5915.jpg
パドックでは藤岡康騎手は騎乗せず周回を続けるクルークハイト(´・ω・`)

CIMG5941.jpg
惜しくもハナ差の2着で勝ち馬ビューへ戻ってきたクルークハイト
CIMG5943.jpg
今日はお疲れ様 次走こそは勝ち上がりだ!

でパトロールフィルムのモニターの前で一人反省会(´・ω・`)
CIMG5947.jpg
CIMG5948.jpg
スタートはまずまず、スピードがあるので無理なく先行できます

CIMG5949.jpg
芝コースからダートコースへ

CIMG5950.jpg
CIMG5951.jpg
CIMG5952.jpg
ダートコースに入ると進路を内へ、埓沿いを進もうとします

CIMG5953.jpg
CIMG5955.jpg
馬群もバラけて、先行勢の4,5番手辺りに落ち着きます

CIMG5956.jpg
CIMG5957.jpg
3~4コーナーも内埓沿いを進みます

CIMG5959.jpg
CIMG5960.jpg
CIMG5961.jpg
4コーナーから直線入り口で徐々に外へ出して行き進路を確保

CIMG5962.jpg
直線で追い始めて前にいる馬を捕えに行きます
CIMG5964.jpg
武豊騎手が乗るメイショウミズカゼを交わし早目先頭に
CIMG5965.jpg
CIMG5966.jpg
CIMG5967.jpg
早目先頭から押し切り勝ちかと思っていたら小牧騎手のフォーカードが内に入り猛追
CIMG5968.jpg
CIMG5969.jpg
ゴール前後の写真を見てもクルークハイトの方が前にいるように見えますが
結局ゴール入線時にフォーカードの首がちょうど上手い具合に下がっていて
差しが届いていた感じ…うーんこのハナ差は悔しいぞ!
このレースの後、小牧騎手を何度、ヤジってやろうと思ったことか(笑)

負けたのはもの凄く悔しいけどまだ余裕がありそうな調教でこの結果なので
続戦できれば勝てるんじゃないかと思います
姉のロスヴァイセは未勝利戦脱出にちょっと時間がかかったので
クルークハイトは次走で決めて欲しいぞ!












中日新聞杯現地観戦

先週の土曜日(3/12)はバウンスシャッセが出走する中日新聞杯を観戦してきました

CIMG5494.jpg
前走よりは絞れて-6の534kg 出走馬中最高馬体重です・・・牝馬なのにね(笑)

CIMG5506.jpg
いつものおじいちゃん厩務員さんに引かれてのパドック周回
毛艶もよく見た目的にも前走よりも締まりのある馬体に見えます
周りが牡馬ばかりのせいかややおとなしめなのか
愛知杯の時のようなぐいぐいと厩務員さんを引っ張るほどの気合は見られませんが
悪くはありません。走れる時のバウンスシャッセに見えました

CIMG5533.jpg
大坪元雄氏ならば『まるでオトコ馬のような~』って言いそうな馬体です(笑)

CIMG5554.jpg
CIMG5555.jpg
CIMG5556.jpg
とまれーの合図の後、騎手が来るまで待機してますが
私のいた場所から撮影するとことごとくサトノノブレスに遮られます
まぁこの後のレースでもノブレスに遮られるわけですが・・・

CIMG5560.jpg
騎手が騎乗するわけですがここではサトノノブレス騎乗の川田騎手に遮られます・・・くそうくそう

CIMG5579.jpg
バウンスシャッセになにやら声をかけてるようにみえる田辺騎手
今日もいつも通りの位置で競馬するよ・・・とでも言ってるんでしょうか(笑)
そして後ろにはこのレースを勝ってしまうサトノノブレス&川田騎手・・・ぐぬぬ

CIMG5572.jpg
CIMG5570.jpg
あまり人気は無かったんですが
2着に来るファントムライト&戸崎騎手
3着に来るレコンダイト&武豊騎手
どちらもバウンスよりも軽ハンデとはいえ二人ともさすがの腕前でした

CIMG5587.jpg
地下馬道から本馬場へ 
3月のわりに少し冷え込みましたが晴天で良馬場
バウンスシャッセが走れる条件でもあります

CIMG5593.jpg
ゴール前の写真、ハンデ戦らしい接戦でした
ハンデキャッパーの方々はいい仕事してますね
しかしオークスの時みたいに進路が開けてれば勝ちまである内容だったなぁ・・・
牡馬相手でも力は通用することを実証できましたし、納得の敗戦なんだけど悔しさも残ります(泣)

次走はなんと鳴尾記念を使う予定のようです
芝2000mにこだわるのは良いと思いますが開催時期と競馬場がねぇ・・・
マーメイドSの悪夢が思い浮かぶのですがあの時は走らない時のバウンスだったしなぁ
今年の2走は安定してますし、馬が本格化してきたと思いたいですね
そして2000mへのこだわりは秋の天皇賞を視野に入れてるということでしょうか
1歳上の姉のフロアクラフトは引退時期を迎えました
バウンスも引退まであと一年、できるだけ大きな舞台での活躍を望みます


今週は出走馬は無くおやすみ(´・ω・`)








プロフィール

タテヤマ

Author:タテヤマ
キャロットクラブで
共同馬主してます
2010年産から始めてます
競馬は唯一昔から
継続している趣味です
ハンドルネームは
ファストタテヤマが
好きだったので
そこから取ってます
馬券はもっぱら穴狙いです

フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ