FC2ブログ

2歳牡馬2頭がダートで勝利

ノーヴァレンダ 1着
モンドヌーヴォー 4着
セレブレイトソング 4着
ヴァイトブリック 1着
レントラー 4着

先週は5戦2勝で勝てなかった馬も全て4着としっかり稼いでくれました
馬券的には4着は悔しいんですけどね(笑)

仕切り直しの1戦だったノーヴァレンダは
新馬戦1番人気、そして今回も1番人気
人気通りの強さを発揮して快勝でした
1コーナーではやや外へ張るような走りでしたが
鞍上の北村友騎手もあえて先頭に立たずに抑えて
先行馬を見ながらの追走、直線でゴーサインを出すと
後続が突き放し2着馬に3馬身半差をつけ
思ってた以上に強かったです
右回りでの走りと内に包まれた時の走りが気になりますが
全姉ブランシェクールぐらいの活躍は出来そうな感じです

モンドヌーヴォーは4コーナーでやや窮屈な競馬
直線で馬群を捌くとそこから伸びてきて4着
スムーズな競馬が出来ればもっと走れそうです
そして姉同様もう少し距離があったほうが良さそう
松若騎手のコメント通り新馬戦としては悪くない走りです
少頭数での2000m以上のレースを選択すれば
勝てる率は高くなると思いました

セレブレイトソングは6番人気で4着ですから健闘でしょう
ただ騎手、調教師共にズブいとコメント
まぁ、平田厩舎にいた頃から難しい馬でしたからね
中1週で同条件を使うようですが
今回ほどの弱メンバーは期待できないでしょう
新潟コースは合わないと思ってたのに
そうでもなかった点はプラスですね

ヴァイトブリックは出遅れましたが全姉ロスヴァイセにも
騎乗してた藤岡佑騎手だけあって
この血統の特徴を把握してることもあり慌てずレースを進め
4コーナーで先頭に並びかけ直線後続を突き放し大差の圧勝
少頭数のレースでしたし相手が弱かっただけで
まだ強いかどうかは次走が試金石
とはいえ内容はどうあれ新馬戦、未勝利戦は勝ち上がりが重要
素直に勝ち上がってくれたことは嬉しく感じます

レントラーは惜しい4着でした
一時期頭打ちの状態だったことを考えれば
ダート変わりが功を奏して着を拾えているのは良いことです
ただ気になるのは芝を走ってるときにも見せてた勝負弱さ
接戦になると負けることが多いんですよね
富田騎手とも手が合うようで減量特典が効く平場レースであれば
騎乗してもらいたいですね
スポンサーサイト

今週は5頭出走

更新をサボってた間の成績
ノーヴァレンダ 競走中止
レントラー 3着
ブランシェクール 2着
ノーヴァレンダは大きな故障じゃなくて良かったです
逸走した時点で止めてくれた川田騎手GJです
そしてノーヴァレンダはしばらく出走は無理と思いきや
なんと今週出走します(笑)

レントラーはダートは不向きかと思ってたんですが
母父ブライアンズタイムの血が強く
ダート適正があったんでしょうか
あと富田騎手の積極的な騎乗も良かったと思います
馬も鞍上もそんなに期待してなかったのに
良い意味で裏切ってくれました(笑)
そしてレントラーも体調が良過ぎるのか
今週出走となりました

昨日レディスプレリュードに出走した
ブランシェクールは重賞で惜しい2着
直線で一旦は先頭を走っていたプリンシアコメータと並び
交わそうとしたのですがプリンシアコメータの鞍上モレイラの手腕が冴え
ゴールまで脚を持たせました…
TCK女王杯の時は勝ってる相手だったのになぁ…
騎手が違うと馬も違うんでしょうね

土曜新潟2R 2歳未勝利戦 ダート1800m ノーヴァレンダ 北村友
前走競走中止したノーヴァレンダはその後、何事もなく無事で
調教もちゃんとこなして今週出走となりました
新潟をチョイスしたのは右回りに不安があるのかも…
あるいは相手が軽そうだからかな?
第三場ならば比較的若手騎手が多いこともあって
北村友一騎手ならば有力とみますがさてどうなりますやら

土曜京都5R 2歳新馬戦 芝1600m モンドヌーヴォー 松若
姉のノヴェレッテは未勝利引退で地方行きとなりましたが
弟モンドヌーヴォーは父がハービンジャーに
変わったのが良い方に出ればいいのですが
姉の事を考慮すると直線平坦な京都は合いそうな気がします
調教も直前の追い切りではやっと良い時計も出ましたし
重賞の裏開催となる京都で松若騎手なら期待できそう

土曜新潟6R 3歳上500万下 ダート2500m セレブレイトソング 川又
ダート長距離の条件を求めて新潟へ
ダート長距離は大丈夫と思うのですが新潟コースの適正が低そうな気がします
鞍上はミーティアトレイルを勝たせてくれた川又騎手
減量特典の恩恵を受けれる騎手では期待できる騎手だと思います
今度もあっと言わせてほしいですね

日曜京都3R 2歳新馬戦 ダート1800m ヴァイトブリック 藤岡佑
先週非当選除外となったヴァイトブリック
今週の東京ダート1400mでも除外の可能性があり
それならばと京都ダート1800mを選択してきました
和田師もダート1800mで使ってみたいと以前コメントしてましたし
京都はなんと少頭数の8頭と遠征してでも旨味がありそうです
本来ならモレイラ騎手が乗る予定でした
モレイラ騎手が騎乗停止で藤岡佑騎手に変更となりましたが
全姉ロスヴァイセで好結果を出していた騎手なので
これは良い選択だと思います

日曜8R 3歳上1000万下 ダート1800m レントラー 富田
前走まさかの好走でレース後も体調が良く調教でも好時計
今回も富田騎手が鞍上ですが前回と違いG1開催日で
周りは上位騎手が多いだけに富田騎手がどれだけやれるか見ものです
上手く先行できれば勝ち負け出来ると思ってます

初ダート

出走馬がなかった間、更新をしてなかったんですが
スーパー未勝利戦に出走したノヴェレッテは上手く先行出来たものの
直線であえなく失速しずるずると後退して14着と大敗
あっさりと引退が決まり、繁殖入りはせずに
サラブレッドオークションで買い手があって
地方競馬に転厩が決まりました
小柄な牝馬なのでダートはどうかと思いますが
晩成馬でようやく馬が良くなってきた感じなので
力の有る所を見せて欲しいですね

土曜阪神6R 2歳新馬戦 ダート1800m ノーヴァレンダ 川田
日曜阪神12R 3歳上1000万下 ダート1800m レントラー 富田

ブランシェクールの全弟ノーヴァレンダがデビューします
モンプティクールの仔たちは初戦からでも動けるので
強力なライバル馬は何頭かいますが期待してます

入障を目指して調教中に球節を痛めてしまい
長期休養していたレントラーがようやく戻ってきました
休養後初戦は得意条件の阪神芝2000mを使うのかなと思ってたんですが
芝で頭打ち気味で母父ブライアンズタイムの影響もあり
球節のことも考慮してこのタイミングで初ダートとなりました
鞍上は小牧騎手が空いていたのに減量特典のある富田騎手となりました
個人的にはレントラーに乗り慣れてる小牧騎手の方が
あってそうな気はしますが富田騎手には頑張って欲しいですね

芦毛隊

今年の出資馬の勝ち星は只今4勝
クルークハイト2勝
ブランシェクール、ミーティアトレイル1勝
この通り芦毛馬でしか勝ってません(笑)

日曜小倉9R 若戸大橋特別 芝1800m ミーティアトレイル 川又
日曜札幌12R 釧路湿原特別 ダート1700m クルークハイト 城戸

前走1着だった上記の2頭が出走します
ミーティアトレイルは前走の持ち時計から行くと勝ち負けできそう。
前走ほどの人気薄にはならないでしょうが
今回も馬券的には旨味がありそうです

クルークハイトはモレイラやルメールの外国人騎手どころか
藤岡兄弟も確保出来ず城戸騎手が鞍上
初騎乗の時の3着は悪くはなかったのですが
前回の騎乗は激しい先行争いの位置取りから
控えてた行動がよくありませんでした
クルークハイトの脚質を考慮すると
強引にでも前に出たほうが良かったと思います
城戸騎手もこれで3回目の騎乗
相手は強い馬が何頭かいますが
城戸騎手でも上手く乗れれば勝ち負け出来ると思います

相性の良い芦毛馬で連勝と行きたいです(笑)

カタログ到着

まずは先週の結果から
クルークハイトはモレイラ騎手の好騎乗もあって見事優勝
3~4コーナーではインで詰まるかと思ったんですが
上手い具合にスペースができてロスなくコーナリングして
直線入り口で先頭に並びかけ直線で競り落とし後続もシャットアウト
昇級しても元々1000万下にいた馬なので次戦以降も楽しみです
今週の更新で体調さえ整えば中1週で釧路湿原特別に出走予定

クルスブランカは良いところが全く無く10着で
即日引退となりましたが仕方ないですね
それにしてもヴェラブランカの仔は勝てないなぁ
ノヴェリストの半妹とエイシンフラッシュの半弟も厳しい戦いになりそう

土曜小倉3R 3歳未勝利戦 芝2600m ノヴェレッテ 荻野極
日曜札幌9R 千歳特別 芝1500m ヴァイザー スコフィールド

今週は上記の2頭が出走
ノヴェレッテは優先出走権が取れなければ引退でしょうね
なんとか距離延長がプラスになればいいのですが

ヴァイザーは新馬戦の頃のような走りが出来れば
勝ち負け出来ると思うのですが…
今回の鞍上はWSJSで来日してる若手のスコフィールド騎手
復活のきっかけとなるか・・・

キャロットの2017年産のカタログが到着しました
募集馬の選定が楽しい時期ですね


プロフィール

タテヤマ

Author:タテヤマ
キャロットクラブで
共同馬主してます
2010年産から始めてます
競馬は唯一昔から
継続している趣味です
ハンドルネームは
ファストタテヤマが
好きだったので
そこから取ってます
馬券はもっぱら穴狙いです

フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ