レントラー 2歳未勝利戦

今回の出走、いくら調教が動いてるとはいえ
一番人気になるとは思いませんでした
パドックで見ていても馬体良く見えてたけど
時々周りを気にして集中力が欠けてるような感じでしたが杞憂でした
人気してたので馬券は凄く控え目にしておきました(笑)
レースでは前走の反省を踏まえて幸騎手も包まれない位置取りで先行
3番手をキープしつつ直線入り口で仕掛けて
2着馬を交わすのに少し手間取りましたが残り100mくらいで勝ちを確信しました
私は直線入り口から勝利を確信した残り100m辺りまで
「みゆきいいいい!」と三度ほど叫んでました
土曜午前中のレースで重賞も無い日だったので観客は疎ら
最初に叫んだ時は周囲の目が私に集中してちょっと恥ずかしかった

レントラー 本馬場入場 2歳未勝利戦
本馬場入場時のレントラー&幸騎手

rent-goal1.jpg
rent-goal2.jpg
rent-goal3.jpg
rent-goal4.jpg

ゴール前を連写

同馬を出資しているL様と一緒に口取り式参加できましたし
とてもいい日となりました
但しこの日の馬券はこのレース以降散々でした(´Д⊂ヽ

次走は秋華賞の前日にある紫菊賞へ出走予定とのこと
どうせなら秋華賞の日やってくれたらいいのになぁ…
2000mのレースを勝ったので
次走以降は2000m辺りを中心に使っていくようです
次走が試金石ですね
そこでも勝てるようならクラシックを意識できると思います
スポンサーサイト

佐藤哲三騎手引退

落馬事故の起きた日、現地観戦してました
事故が起きたレース、高雄特別ではトーシンイーグルの馬券も買ってました
しかし落馬事故の酷さから馬券が外れたことよりも
佐藤騎手の容態が凄く気になり、見ているだけの私でさえ恐怖感から寒気がしました
この日のメインレース京阪杯(GⅢ)のパドックで馬を見ているときに
佐藤騎手を乗せた救急車のサイレンがやたらと場内に響いていたのが記憶に残ってます
この時、岡潤一郎騎手の落馬事故を思い出しましたね
岡騎手のように佐藤騎手も帰らぬ人になるのか…と想像しましたが
後日、命に別状の無いことを知り、ホッとしたものです
しかし怪我はひどく、リハビリに長い時間を要している間に
心変わりして引退を決断したようですね
リハビリの間にいろいろと苦悩したんだろうなぁ…想像できますね

彼のお手馬と言えばG1勝ちのある
タップダンスシチー、エスポワールシチー、アーネストリーが有名なんですけど
私は90年代の活躍が印象深いですね
初重賞勝利となったレットイットビーは
当時、職場の先輩がビートルズ好きでこの馬を追いかけてました
私も時々この馬の馬券を買ってました
レットイットビーの馬主は現在のノースヒルズ(当時はマエコウファーム)
この頃から前田オーナーと面識があったんでしょうか

初G1勝利となったマイネルマックスは
やっとサトテツもG1勝ったかぁ・・・と思いましたね
騎手になってから約7年ですので決して遅くはないのですが
当時関西の騎手は若手の台頭が目立ちG1勝利してる騎手が多かったので

ラガーレグルス事件もいろんな意味で彼の知名度を上げてしまいましたね
しかしこの一件でサトテツが意外と熱い男と知り好感を持ちました
佐藤騎手は「一流のホースマン」ではなく「一流のギャンブルレーサー」を
目指していたというのが勝負師らしくて彼らしいと思いましたね

今後は馬券を買ってくれてるファンと一緒に馬券を買ってみたり
地方のウインズや競馬場など行ったことの無い所に訪れたいとおっしゃってるので
イベント出演の際にはどこかで佐藤哲三騎手とお会いしたいですね

紫苑ステークス

秋華賞を目指すべくステップレースに紫苑ステークスを選択したバウンスシャッセ
春の実績を買われて2番人気でしたが直前の大雨で
不良馬場を気にしてか12着と大敗
しかし敗因は馬場だけではなくメンタル面にも問題があるのか・・・
秋華賞への出走も回避の可能性が出てきました
秋華賞の京都内回り2000mのコースはバウンスシャッセに有利な条件と思っているだけに
G1奪取のチャンスなのですが馬にやる気が無いのでは休養という選択もありかも…
ここ2走の敗因ははっきりしてるし調教も先を見越してか強めの調教を行ってないので
しっかり調教を行い秋華賞を迎えて欲しいのですがさてどうなりますか

そういや凱旋門賞の前哨戦の一つである
ヴェルメイユ賞には去年の凱旋門賞覇者のトレヴが出走しましたが
こちらも今年は調子が悪いのか4着と精彩を欠いています
牝馬は調子を一旦崩すと戻るのに時間がかかる馬もいて大変(´・ω・`)

ヴレクール帰厩

6月に3歳未勝利戦を勝ち上がったヴレクールが帰厩していて
今日、栗東坂路で時計を出していた模様

東西 坂路調教日 800 600 400 200
栗東 2014/09/14(日) 65.3 46.5 30.1 15.2

どうやらソエも完治し秋競馬が楽しみになってきました
ちなみに姉マプティットも金曜日に園田で勝ち上がり連勝
もうキャロットクラブから離れたとはいえ元愛馬の活躍は嬉しいです
この一族には妹モンプティクールの13にも出資申込みをしており
今週、募集馬1次募集の結果が出るので楽しみです

第34回新潟2歳ステークス

藤沢和厩舎DI産駒の大物・・・とデビュー前から噂されてた馬
それがアヴニールマルシェ その馬の勇姿を見たいがため
時は2014年8月31日、久々に新潟競馬場へ行ってきました

出だしの文がサンマルティンと一緒やないかーい とノリツッコミw
府中での新馬戦を快勝し、早くから次走は新潟2歳Sと決めていたアヴニールマルシェ
勝てば去年のハープスターに続きキャロットクラブ連覇ですね
近年の新潟2歳Sはジャスタウェイも出走してましたし
何気に出世レースになってきましたね

アヴニールマルシェ&北村宏

パドックでのアヴニールマルシェと北村宏司騎手
なんか眠そうなヒロシw

niigata2s-avuni2.jpg

本馬場に向かうアヴニールマルシェ
ここでも眠そうに見えるヒロシw

レースを見るのに夢中になっててゴール前の写真撮り忘れました(ノ∀`)
結果は惜しくもハナ差の2着・・・
しかし道中も他馬とぶつかったり、直線入り口でスパートした時も手応えが怪しく
大丈夫か?と思ってたら直線途中から凄い伸びを見せ、負けて強しの内容でした

ミュゼスルタン

勝ったのはミュゼスルタン しかしレース後骨折が判明しクラシックに間に合うか微妙

ニシノラッシュ

3着には穴人気してたサクラバクシンオー産駒のニシノラッシュ


この日はサンマルティンとアヴニールマルシェ
キャロットクラブの2歳有力馬の勇姿を見れて満足でした
遠征した甲斐があったというものです
そして競馬場でご一緒したO様とTu様お疲れ様でした


サンマルティン

ハービンジャー産駒の大物・・・とデビュー前から噂されてた馬
それがサンマルティン その馬の新馬戦を見たいがため
時は2014年8月31日、久々に新潟競馬場へ行ってきました
新潟競馬場に訪れるのは10年振りくらいですね
夏の終わりとはいえまだまだ暑かったです(;´Д`)

サンマルティン

パドックでサンマルティンを撮影
ちょうどカメラ目線で撮れてたのがあったので
しかしなかなかのイケメン君ですなぁ

マリオ・エスポジート騎手とサンマルティン

マリオ・エスポジート騎手を鞍上に気合が乗ってきました
写真の左上隅には2着に来るリープフロッグ号が写ってます
須貝先生、嘘はいけませんよw(詳しくはO様ブログ参照)
http://osho0726.blog.fc2.com/blog-entry-56.html

新馬戦 サンマルティン ゴール前
後ろからは何も来ない!

サンマルティン 2着馬との差

着差以上の強さを感じました
そして2着には嘘つき調教師須貝先生の馬がw

サンマルティン 口取り式

サンマルティン 口取り式2

サンマルティン 口取り式3

口取り式 うーん羨ましい
私も新馬戦の口取り式に参加したい

新潟2歳ステークスはまた後程



第1次募集オーダー

出資申込(最優先希望)
11. ラドラーダの13

その他の出資申込(順不同)
12. モンプティクールの13
25. クロノロジストの13
31. マイティースルーの13
47. ヴェラブランカの13
48. ブルーメンブラットの13

ラドラーダを諦めてブルーメンを最優先にしようと思ったのですが
二頭とも取れるかもと思い腹をくくって申し込みました
あとO川K次郎さん風に言ったら「馬鹿に良く見える馬」で
クロノロジストとヴェラブランカも申込みました
こうしてみるとアシゲスキー病が今年も発症して
母父クロフネ祭りです(笑)

先週の出走馬

プライマリーコードもロスヴァイセも8着でした(´・ω・`)

マリコ様はじっくり構えて大外からの競馬をしてほしかったけど
内枠が災いしてか思ったような位置取りができず消化不良
次走は阪神か京都かな?使えるなら新潟がいいかも

ロスヴァイセはここのとこ出遅れ癖が出てましたが
今回は好スタート、道中も折り合いが付き
中団をキープし4コーナーから押して出ましたが
直線で切れがなくジリジリ伸びて8着
もっと切れる脚を使えるのに少し距離が長かったのか
まだ体調が完全に戻ってないのか…
次走は牝馬限定で距離短縮かな

募集馬ツアーレポート

今年のキャロットクラブ募集馬ツアーの日帰り一日目はあいにくの雨
しかも最初は少雨だったのに時間が経つにつれ雨量が増すという最悪の展開
それでも同じ日に参加してたO様とS様のおかげで
いろいろと募集馬の事で話ははずみ、楽しい時間を過ごせました
それではツアーで見た馬の感想や牧場スタッフやキャロ社員から聞いた話などを・・・

風雨の中の展示でレインコートを着てる人を見慣れていないせいか
もしくはしっかりとボタンを留めてなくて、ひらひらしてるレインコートに
驚いたり、鳴き続けていたり、と落ち着きの無い馬が多かったです
特に牝馬がねぇ…牧場スタッフの方々もこんな天候で
馬も可哀想だし、見てもらう会員の方々にも申し訳ないですと平謝り状態でした

・ラドラーダ
ぱっと見た目、ごっつい馬体です
この馬体ですので他馬と喧嘩しても弾き飛ばしてるそうです
負けん気は相当強いようです
ここらはカタログにも書かれてますね
この馬を藤沢師が見に来ているか尋ねたら
何度か見に来てて、最近の藤沢師はもの凄く上機嫌だと言ってました
ということは普段はそんなに機嫌が良くないんでしょうかw
まぁ今年は今のとこリーディングトレーナーですもんね
最優先枠候補ですが×なしでは厳しいかなぁ(汗)

・ブルーメンブラット
この馬はカタログよりも実際見た方がよく見えましたね
この仔が上の兄弟馬よりも一番母似のようです
周りの馬は落ち着きが無いのに
この馬は落ち着いてて比較的我慢の効く馬なのかな…
と思ってたんですが、先にこの馬を見てたS様によると
私が来る前まで落ち着きが無くてちょうど落ち着きを取り戻した頃に
私が来たということです
ダイタクヘリオスが好きだったので産駒のダイタクヤマトも好きな馬でした
そしてそのダイタクヤマトを管理してたのは石坂師
今年こそは石坂厩舎の馬に出資したいけど
一般枠では厳しいかなぁ・・・

・マイティースルー
カタログを見て、気に入りましたが
実物を見てもっと気に入りました
この時点で520kgほどありますが
重苦しさは感じられませんでした
安価な馬ですしゴールドアリュール産駒も堅実
関東馬でも行こうと思います
一般枠なら抽選でしょうか?

・モンプティクール
マプティット・ヴレクールに出資してる時点で
当歳の頃からこの馬に注目してました
今年のダイワメジャー産駒は良く見える馬ばかりですね
ツアーでもこれぞ ザ・ダイワメジャー という言葉を何度も
牧場スタッフから聞かされましたw
腹袋の大きさが気になりますが
馴致・調教が始まれば目立たなくなりますよ…とのこと
気性は普段は大人しいそうです
しかしこの天候のせいか時折落ち着きの無さを見せてました

・ヴェラブランカ
日帰りツアーではラストステージだった
Y11&12ステージの中でも隅っこに位置してて
悪天候で気持ちが萎えてて馬を見る気をかなり失せてたんですが
遠くから見てても芦毛の大きな馬体が目立っていたので
気持ちを取り直して見てきました
ハービンジャー産駒では一番大きい馬
大きいけど体は柔軟な感じで重さは感じさせない馬体
気性は大人しいそうです
早生まれで、もう体の成長は止まってる感じで
馴致や調教が進んだら今の馬体重より減るかも…とのこと
トランザムスターを管理する新鋭中内田厩舎に行くので
そこらへんも私個人は注目してます
意外と注目してそうな人多いから一次で埋まるかな?
ハービンジャー産駒に出資したいと思っているので
ブルーメンを取るのが無理そうなら
この馬推しで行きたいところ

・スキッフル&シャンスイ
ドリームジャーニー産駒のこの二頭、共に父似の様です
スキッフルは人懐っこい馬で女性会員には人気のご様子
スキッフルの13はやや細く見えましたが
去年募集されたディープインパクト産駒の半弟フェルメッツァなんて
この馬よりも小さかったですからねぇ
それでも重賞で3着と走ってますから
この時期は細くても小さくても大丈夫な血統なのかもしれない
シャンスイは形はいいですね

・キッズトゥデイ
この馬も ザ・ダイワメジャー な馬でした(笑)
気になったのは敏感過ぎると思える気性かなぁ
半姉のミナスジェライスもデビュー戦のパドックでは
周りを気にして常にきょろきょろしてて
ちょっとした音にも反応しておどおどしてたので…
この日の環境の影響で敏感になってたと思いたいですね
全兄のシルバーレイショウは2勝してますし
この価格で2勝もすれば充分でしょう
清水久詞厩舎というのも良いと思います

・クロノロジスト
まったくのノーマークでしたがよく見えました
筋肉質な馬体もグッド
関西馬ならば…とも思いましたが
関東馬とはいえ手塚厩舎
キャロットクラブでタニノギムレット産駒と言えばスピリタス
それぐらい走ってくれると良いのですが…
低価格だから意外と人気して二次まで残らないかな?

・ラズベリータイム
ワークフォース産駒ではこの馬が良い感じ
セレクトセールで落札した馬なんですよね
去年のセレクトセールで落札したチチカス産駒で
武藤厩舎に入った某馬も予想外の人気で一次で埋まりましたが
この馬もそのパターンか

・ガヴィオラ
またしても ザ・ダイワメジャー な馬です
形は良く、柔軟そうな感じ
毎年ガヴィオラは高価な割に結果が…という感じですが
この馬はお買い得感を感じさせる価格ですね
あまり丈夫じゃない血統だけにダイワメジャーを付けたのも納得ですね

・ココシュニック
隣にヴェラブランカがいたせいか
あまり良く見えなかった馬
カタログを見た時点では関西牝馬ではこれだ!
と思ったんですがねぇ…
牧場スタッフは良くも悪くもステゴ牝馬ですね…とおっしゃってました
半兄ステファノスが頑張ってますし厩舎は藤原厩舎でなく友道厩舎ですが
厩舎的にはマイナスとは思えないので人気する馬だと思います

・リーサルヒート
半姉のトータルヒートに似て人懐っこい馬
毛艶の良さや筋肉質な馬体も半姉に似てると思います
この時点で半姉よりも大きいですし
半姉も募集馬ツアーから入厩までに成長力が著しい馬でしたから
馬体的には良いんじゃないでしょうか
問題は気性でステゴ牝馬ですから成長の妨げにならないことを祈ります


天気が良ければもっとたくさんの馬を見てレポートも書きたかったんですが
ここらが限界ですw
プロフィール

タテヤマ

Author:タテヤマ
キャロットクラブで
共同馬主してます
2010年産から始めてます
競馬は唯一昔から
継続している趣味です
ハンドルネームは
ファストタテヤマが
好きだったので
そこから取ってます
馬券はもっぱら穴狙いです

フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ