FC2ブログ

クルークハイト早鞆特別4着

前走中京で快勝の後、早くから次走は小倉の早鞆特別と決めていたクルークハイト陣営
藤田菜七子騎手とのコンビで雛祭りの日に出走なんて狙っていたかのよう(笑)
それを知った私も小倉遠征を決め、飛行機のチケット早めにゲット
スケジュールの都合で弾丸日帰りツアーなのが残念
出発空港は関空かセントレアの2択でしたが
往復便で朝晩にちょうど都合の良い便がある関空を選択
ただ自宅からは関空は少し遠く朝早いこともあってマイカー&電車で空港まで
時間に余裕を持たせるためその日は朝3時起き・・・
自宅を出発して道中空いていたのでかなりスムーズ
関空まで直接車で行くと高速道路代が高いので
JR日根野駅付近のコインパーキングで駐車して
そこからは電車で空港へ、パークアンドライドの方が安上がりなのです
関空-福岡空港はおよそ50分、飛行機に搭乗しても
離陸・着陸待ちもあったので実質1時間ですね
それでも新幹線と比べれば早いです
福岡空港からは小倉行きの高速バスがあるのでそれに乗車して
モノレールの三萩野駅付近のバス停で下車
モノレールに乗って競馬場前駅まで
4R前に到着したので11時くらいだったかな
ちなみに4Rを勝ったのはキャロットのメールドグラース
清水久厩舎の馬なんですがキャロットとは相性の良い厩舎ですね

早鞆特別はこの日の小倉メインレースなので
それまで久々の小倉競馬場を探索してました
メインレースまでのレースはあまり見てなかったなぁ(笑)

CIMG1203.jpg
馬体重は456kgで前走より-6kg 遠征してますしこれぐらいなら許容範囲

CIMG1208.jpg
新馬戦の頃を比べたら馬体重も増えてますし
トモにも張りがあるように見えます

CIMG12120.jpg
厩務員さんがなぜか驚いた表情
他馬の動向になにか異変でもあったんでしょうか?

CIMG1213.jpg
半姉のロスヴァイセと比べたら大人しいと思います
半弟のヴァイザーも落着きがありますし
ロスヴァイセだけが例外なのかな(笑)

CIMG1216.jpg
CIMG1217.jpg
CIMG1219.jpg
止まれー の号令がかかり菜七子騎手を待っているクルークハイト

CIMG1220.jpg
騎手が騎乗する馬まで来てその際、雨除けのビニールに驚いたのか首を上げてしまいます
菜七子ちゃんも手綱を握ってクルークハイトを落ち着けようとします

CIMG1221.jpg
CIMG1225.jpg
CIMG1226.jpg
CIMG1228.jpg
菜七子ちゃんが騎乗してからは落ち着きも取り戻し
本馬場入場までずっとこんな感じでした

CIMG1232.jpg
CIMG1233.jpg
CIMG1234.jpg
本馬場入場時、当レース出走馬のウリボーが放馬してしまい
なかなか捕まえることが出来ずにダートコースを5~6周走ってしまうトラブルが(ノ∀`)
最後はさすがにバテて捕まりましたが、周回している間は観客から失笑
捕まった時はなぜか拍手を起きました(笑)

CIMG1245.jpg
CIMG1246.jpg
CIMG1247.jpg
スタートしてから1コーナーまで
以前なら二の足が付かずに騎手が促さないと先行することが出来ませんでしたが
今回は促さなくても自分から前へ行けるようになりました
これも菜七子効果なのか馬のメンタルが成長したのかは分かりませんが喜ばしいことです
バルジュー騎手騎乗の1番キングズフェアーが最内枠を活かして逃げると思ってたら
大外枠で菱田騎手騎乗のタガノグルナが自分の形に持ち込もうと逃げを打ちます

CIMG1248.jpg
CIMG1249.jpg
CIMG1251.jpg
1~2コーナーではこんな隊列で
タガノグルナは2番手以降に1~2馬身ほど差を付けてペースを落とします。
私はこの時点で逃げ馬がちょっと楽してるんじゃないかと危惧しました

CIMG1253.jpg
CIMG1255.jpg
向こう正面で更に差を広げていくタガノグルナ

CIMG1256.jpg
3コーナーに入り、逃げているタガノグルナは映ってませんが
さすがに後続も差を詰めようとスパートしますが・・・

CIMG1258.jpg
4コーナーを回り後続が差を詰めますが
タガノグルナはまだ余裕がある感じ
1番人気の13番ゼンノワスレガタミは相手をクルークハイトと見ていたのか?
終始クルークハイトの直後に付け、勝負どころでは早めに馬体を合わせてきます

CIMG1260.jpg
CIMG1261.jpg
CIMG1261.jpg
タガノグルナに追いつこうとキングズアフェアー、クルークハイト、ゼンノワスレガタミが競り合いますが
なかなか差が詰まりません。
3番手に付けていた11番フィルムフランセが遅れを取り
代わりに2番人気藤岡康騎乗のカフジキングが追い上げてきて2番手争いに参加
CIMG1262.jpg
ゼンノワスレガタミには競り勝つも終始2番手だったキングズアフェアーには追い付けず
カフジキングには交わされ4着(´・ω・`)
CIMG1263.jpg
2着争いを尻目にタガノグルナは最後まで余裕があり3馬身差を付けて勝利

昇級初戦で4着なのは立派だと思います
でもやっぱり中京での走りと比べるとスパートの際
スムーズが欠けていたような気がするので
クルークハイトは左回りのコースが得意なのかもしれません
それにしても今回の遠征で藤田菜七子騎手が
いかに注目されているかよく分かりました
馬券の売上と観客動員数には確実に貢献してますね
遠征して勝てなかったのは残念ですが
また小倉へ遠征する機会があれば行きたいです
今度は観光を含めて泊まりで行きたいなぁ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タテヤマ

Author:タテヤマ
キャロットクラブで
共同馬主してます
2010年産から始めてます
競馬は唯一昔から
継続している趣味です
ハンドルネームは
ファストタテヤマが
好きだったので
そこから取ってます
馬券はもっぱら穴狙いです

フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ